HOME小学校アオバジャパン ・インターナショナルスクール
更新日 : 2022.4.7

アオバジャパン ・インターナショナルスクール

image
image
image
  • image
  • image
  • image

個性を伸ばし、自ら考え、行動できるグローバルリーダーを育成

東京にキャンパスを構えるアオバジャパン・インターナショナルスクール (Aoba)は、40年以上の歴史を誇るインターナショナルスクールです。

当校は強みである英語での教育および日本語/日本文化教育に加え、国際バカロレア(IB)のPYP(幼稚園/小学校相当)、MYP(中学校相当) DP(高校相当)の全認定を取得したIBワールドスクールです。世界水準の国際的なカリキュラムで、グローバルリーダーやアントレプレナーといった「社会に革新をもたらす人材」を育成することをモットーとしています。

どんな時代でも、どこへ行っても、自ら人生を切り開くことができる力を育成するという教育理念を根底に、常に意欲的にチャレンジする姿勢や、理論的な意思決定力、応用力、問題解決力の育成を目指します。世界30以上の国と地域から、約600名の生徒が集まる国際色豊かな学校で、互いの人間性や異文化を認め合うクラス環境づくりを重視。違う学年同士で一緒に行くキャンプ活動などもあるため「海外の現地校やインターナショナルスクールに通った帰国子女の学生からも、フレンドリーでアットホ ームな校風に魅力を感じる」という声が多く聞かれます。

練馬区光が丘のキャンパスは2021年に大規模なリニューアルが行われ、オープンスペースを広く取り入れた解放感のある校舎で、生徒はのびのびと学んでいます。2022年より高等部は、文京区本駒込に新たに開校した文京キャンパスへ拠点を拡大移転しました。当校の卒業生は日本の大学も含む、世界中の大学へと進学しています。

基本情報

名称 アオバジャパン ・インターナショナルスクール
ふりがな あおばじゃぱん・いんたーなしょなるすくーる
住所 〒 179-0072
【光ヶ丘キャンパス】練馬区光が丘7-5-1
最寄り駅 都営地下鉄大江戸線 光が丘駅
創立年 1976年
Tel 03-4578-8832
Mail admissions@aobajapan.jp
Web https://www.japaninternationalschool.com/

その他学校について

学校から帰国生に向けてのメッセージ アオバジャパン・インターナショナルスクールでは、世界水準の国際的なプログラムを通じて、グローバルな視座を持ち、思いやりがあり、協力的で学ぶことに深い喜びを感じ、リスクを恐れず新しいことに挑戦し、世の中を変えていくことのできる生徒を育成しています。
在校生の特徴 違いを認め合い、互いに切磋琢磨しあいながら、自身も成長させられる生徒が多いです
国際的な教育環境の中で、互いの違いを認め合い、自身への理解も探究し、チームワークやコミュニケーションを大切に学校生活を過ごしているので、フレンドリー、かつ自分の意見もしっかりと持っている生徒が多いのが特長。

学校の魅力

  1. 柔軟なコミュニケーション能力と個性を伸ばせる国際的な教育環境
    世界30か国以上から集まる国際色豊かな生徒と教員が、英語と日本語をコミュニケーションツールとして使い分け、異文化理解と柔軟性を養っています。日本語の授業は全学年必修で安定的な語学力が身につきます。
  2. 生き生きと学校生活を過ごせる充実の施設
    緑の囲まれた広大な校庭、体育館、プールがあり、敷地内にはIB教育に特化した本格的な 理科実験室もあります。全校内Wifiを完備し、幼稚部よりIT学習を導入できる充実した設備が整っています。スクールバスでの遠方からの通学も可能。

帰国生の環境

1クラスの平均人数 20名
なし
中高一貫校 中学から
部活動 あり
留学プログラム なし
海外研修 なし
二部・夜間 なし
プログラミング教育 あり
帰国子女率 5%以上
各学年の帰国生の数 Kinder: 4人、G1: 2人、G2: 1人、G3: 1人、G4: 4人、
G5: 7人、G6: 3人、G7: 3人、G8: 5人、G9: 7人
帰国生受け入れ年数 創立時より
IB過程 あり
オールイング
リッシュ授業
あり
英語の取り
出し授業
あり
英語の取出し授業はありません。100%英語で授業(日本語言語の授業を除く)
帰国生・
グローバルクラス
なし
ネイティブ教師 あり

進学・就職

有名大学への進学 あり
海外大学への進学 あり
指定校推薦 yes

入試情報

編入試験 あり

先輩の声

  • 先輩:H.N.さん

    【学年:G11 前の居住国:中国】

    学校の好きなところは、会話が常に英語で交わされていることです。私が在籍している高等部の半数は日本国籍の生徒ですが、皆、英語を使うことに対しての意識がとても高いので、日本人同士であっても、授業内では英語でディスカッションを行います。生徒のみに限らず、先生も同一の意識を持っているので、言語の不一致によって生まれる排他性が少ないという点が魅力的です。

  • 先輩:Y.M.さん

    【学年:G10 前の居住国:ベトナム】

    私が通うAoba Japan International schoolでは、日本の企業や海外の企業などの多様な企業にインターシップ体験をすることできます。企業の方々とディスカッションや様々なアクティビティーを通して、学校では習うことのできない、社会に出て、とても役立つ実践的なことを楽しく真剣に学ぶことができました。