HOME海外学習塾駿台シンガポール校
更新日 : 2022.9.30

駿台シンガポール校

第一志望はゆずれない。

駿台シンガポール校は、30年近く前に開校して以来、多くの卒業生を輩出してきました。5年ほど前までは、高校受験が中心の塾でしたが、近年は中学受験にも力を入れています。

小学生から高校生まで、多くのコースがありますが、一貫して共通しているのは、一人ひとりをきめ細やかに面倒を見るということです。教育には何より手間をかけることが大切です。長い間、生徒と向き合い、弱点を一つひとつ修正していくことを、講師間で常に確認し合っています。

毎週の確認テスト、毎月の月例テストの機会を大切にし、一定の点数に届かない場合には、週末にフォローをしています。また、駿台海外校は、アジアだけでなくヨーロッパ、アメリカにも広がっており、毎年多数の入試受験者・合格者がいるため、帰国入試の情報が豊富です。

海外校の講師だけで入試セミナーを実施し、受験情報を全校舎で共有することで、的確な進路指導に役立てています。

駿台シンガポール校は、30年近く前に開校して以来、多くの卒業生を輩出してきました。5年ほど前までは、高校受験が中心の塾でしたが、近年は中学受験にも力を入れています。

基本情報

名称 駿台シンガポール校
ふりがな すんだい
住所 〒 S239693
No.1 Grange Road #13-01 Orchard Building
最寄り駅 Somerset駅
Tel 6235 2221
Mail singapore@sundai-kaigai.jp
Web https://kaigai.sundai.ac.jp/southeast/sg

その他塾について

入塾を検討している生徒へのメッセージ ぜひ授業体験に来てみてください。安心して学習できる環境が整っています。まずは通塾することが楽しくなり、次に学習が楽しくなります。そうすれば、成績は自然と付いてきます。

宿題をやらなかったり、テストで不合格になると、ペナルティがありますが、夢を叶えるために頑張りましょう。
塾生の特徴 合格実績
2021年、2022年度の主な中学入試の実績については、都市大附属、海城、渋渋、帝塚山、京都女子などに合格しています。シンガポール入試では、芝浦工大や立命館宇治に合格しています。

他方、高校入試の実績は、早稲渋はもちろんのこと、早実、慶應義塾、早高院などの早慶附属高、中杉やICUなどの中堅校に合格しています。都立では、日比谷、戸山、国立、竹早に合格しています。

塾の魅力

  1. 入会フォローアップ
    特に中学生は、塾の進度が日本人学校の進度より早いので、新規入会の生徒対象に、日曜日にフォローアップをいたします。

    大半の生徒は、3回ほど実施すると、授業進度に慣れ、スムーズに通常授業に移行できます。
  2. 広くて綺麗な自習室
    駿台は、サマセット駅近くのアクセスのよい立地に加えて、広くて綺麗な自習室を完備しています。

    定期考査前には、中学生・高校生を中心に自習をする生徒が多いです。自宅よりも静かな環境で、集中して学習できます。
  3. 硬派な塾だが優しい指導
    塾である以上は、楽しみより成績向上が優先します。確認テストや月例テストで不合格になると、定期的に日曜日の呼び出しがあります。

    ただ、安心して学習できるように、厳しい指導はしません。あくまで優しい指導で成績向上を目指します。