HOME中学校文化学園大学杉並中学・高等学校
更新日 : 2024.3.28

文化学園大学杉並中学・高等学校

Bunka Gakuen University Suginami Junior and Senior High School

日本とカナダの2つのカリキュラムを同時に学ぶプログラム!!

中学ではおよそ4人に1人が帰国生です。希望者は理数科目7時間を含めた週17時間のカナダのカリキュラムを中学1年から学ぶことが可能です。海外で養った英語力を本校のプログラムでさらに高めることができます!高校ダブルディプロマコースは日本とカナダ2つの卒業資格を取得できる日本初のコースです。卒業時には英語圏の卒業資格を取得できるため、海外生枠・帰国生枠としての受験も可能です。1期生~7期生の卒業生(198名)の合格実績は、海外大学95名、早慶上智55名、GMARCHに60名などです。
2023年度は中学全体でおよそ半数の生徒がカナダのカリキュラムを学んでいます。2024年度中学入学生は英検準1級12名、英検2級23名など英語上級者も多く入学しています。

基本情報

名称 文化学園大学杉並中学・高等学校
ふりがな ぶんかがくえんだいがくすぎなみちゅうがく・こうとうがっこう
英語表記 Bunka Gakuen University Suginami Junior and Senior High School
住所 〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
最寄り駅 JR中央線「阿佐ヶ谷」駅
JR中央線「荻窪」駅
東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷」駅
創立年 1926年
Tel 03-3392-6636
Mail info@bunsugi.ed.jp
Web https://bunsugi.jp/
SNS
  • Facebookページへ
  • Twitterページへ

その他学校について

学校から帰国生に向けてのメッセージ 本校は帰国生にとっても居心地の良い環境が揃っている学校です。
是非説明会(オンライン含む)などにご参加いただいて本校の取り組みについて知ってください!
もちろん個別での見学も受け付けております。まずは一時帰国の際にお気軽にご連絡をいただければと思います。
在校生の特徴 帰国生の割合は中学では4人に1人。様々なバックグラウンドを持つ生徒たちがお互いを認め合いながら多種多様な個性を認めていく学校です。2つのカリキュラムを学ぶことで複眼的思考力も養います。

学校の魅力

  1. 中学1年から英語力に合わせて3種類の英語授業を展開
    理数科目7時間を含めた週17時間の英語授業「DD7」,理数科目は日本のカリキュラムで先取り学習を行い、英語のみ高いレベルで学ぶ「Advanced7」、ネイティブ主導の「Starter7」から選びます。
  2. 2つのカリキュラムを学ぶことで国内/海外受験と広がる選択肢
    大学受験時にどのような進路を希望するか現時点でわかりませんが、本校は国内受験も海外受験にも対応可。高2からは、日本のカリキュラムは文系理系も選べます。生徒が望む最適な進路に対応できるカリキュラムです。
  3. STEAM教育も充実
    STEAMPlay倶楽部ではプログラミングや課題解決学習に取り組みます。
学校イベント
情報
帰国生対象グローバル説明会
日程:2024年7月末予定
場所:本校ならびにオンライン
2024年5月頃本校ホームページにて公開予定

帰国生の環境

1クラスの平均人数 30名~35名
あり
学費 101万円〜150万円
部活動 あり
復学制度の有無 あり
留学プログラム あり
海外研修 あり
学校タイプ 共学
附属校 あり
プログラミング教育 あり
帰国子女率 10〜20%
各学年の帰国生の数 中1:未集計、中2:25名、中3:34名
高1:未集計、高2:38名、高3:42名
帰国生受け入れ年数 22年間
IB過程 なし
オールイング
リッシュ授業
あり
英語の取り
出し授業
あり
帰国生・
グローバルクラス
なし
ネイティブ教師 あり

進学・就職

海外大学への進学 あり
指定校推薦 あり

入試情報

入試タイプ 2科
中高一貫校の
募集区分
中学入学+高校募集あり
編入試験 あり
オンライン入試の有無 あり
海外現地入試の有無 なし
帰国生入試

<全世界入試(オンライン:中高)>
日程:2024年11月予定
試験科目:国・算または数 英は英検等による得点換算のみ 
定員:定めず

<国内帰国生入試(本校にて)>
日程:2024年11月・12月・1月予定
試験科目:国・算または数・英 英は英検等による得点換算あり 
定員:定めず

編入試験

随時受付 まずはお問合せください。

先輩・保護者の声

  • A.Mさん

    中学3年生
    DDprep9
    前に住んでいた国・都市:シンガポール
    日本に帰国した年:2021年

    私が文杉に入って良いなと感じたことは多様性が身近に感じられることです。色々な環境で育った仲間が学校生活を過ごしているので「みんな違ってみんないい」という言葉が当たり前になります。誰も人の好きなことを批判しないし、得意、不得意だって誰もからかいません。みんな伸び伸びと学校生活を送っていると思います。

  • Y.Kさん

    高校3年生
    ダブルディプロマコース
    前に住んでいた国・都市:シンガポール
    日本に帰国した年:2022年

    カナダの授業では自分の考えをアウトプットする機会が多くとても充実しています。またカナダの先生とは英語で楽しく世間話をしたり、悩みを相談したりできる距離の近さがあります。さらに日本の行事だけでなく、ハロウィンやカナダデーなどカナダの行事もあり、行事でも双方の文化に触れられるという点も魅力の一つです