HOMEお役立ちコラム【2022年度】エリア別【東京】帰国子女受け入れ校を一挙公開!埼玉・茨城もチェック!

【2022年度】エリア別【東京】帰国子女受け入れ校を一挙公開!埼玉・茨城もチェック!

帰国生に役立つエリア別学校紹介です。今回は、【2022年度】帰国生を受け入れている東京の学校、そして東京からアクセスが便利な、埼玉&茨城の学校もご紹介します。

共学、女子高、男子校など学校別。各学校の理念や特徴、帰国生受け入れのポイントまで、情報盛りだくさん。お見逃しなく!

帰国生受け入れ校一覧【東京】埼玉・茨城もあわせてチェック

出典:SingaLife 教育特集2022春

東京・埼玉・茨城の帰国子女受け入れ校を、エリア別&学校種類別(共学校、女子高、男子校)にご紹介します。ぜひ、上のマップを見ながら、学校のエリアもチェックしてみてくださいね。

東京【共学】

宝仙学園中学校・高等学校 共学部数学インター

出典:SingaLife 教育特集2022春

多様性を大事にしている学校で、生徒一人ひとりが互いを認め合う文化が育っています。

特徴は11種類もの多様な入試を実施していること。帰国生には世界入試、国内入試の両方を実施し編入学にも柔軟に対応。また、英語が得意な生徒にはグローバルコースがあります。

ネイティブの先生から授業を受ける機会が整っており、帰国子女の皆さんの英語力保持をサポートしています。

宝仙学園中学校・高等学校 共学部理数インター
TEL:03 3371 7103
住所:〒164-8628
  東京都中野区中央2‐28‐3
mail:info@po2.housen.ac
HP:https://www.hosen.ed.jp

創立:1928年
各学年の帰国生の数:
中学53名
高校60名
帰国生受け入れ年数:14年
1クラスの平均人数:35名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

文化学園大学杉並中学・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2018年に共学化され、帰国生入試の受験者数も年々増えてきています。高校のダブルディプロマコースは日本初のコース。カナダのカリキュラムをオールイングリッシュで行い、日本のカリキュラムも履修することで、2つの卒業資格を取得できます。

中学ではおよそ4人に1人が海外在住経験があり、様々なバックグラウンドを持つ生徒が、互いに尊重し認め合いながら学びを深めています。

文化学園大学杉並中学・高等学校
TEL:03 3392 6636
住所:〒166‐0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷南
3‐48‐16
mail:info@bunsugi.ed.jp
HP:https://bunsugi.jp

創立:1926 年
各学年の帰国生の数:
中学63名
(中学1年生は集計中のため除く)
高校81名(高校1年生は集計中のため除く)
帰国生受け入れ年数:25年
1クラスの平均人数:30名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・寮(高校のみ)
・留学プログラム
・海外研修

目白研心中学校高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

学習支援センターで学習のフォローアップを実施しています。新宿の閑静な場所にある学校では、クラブ活動と勉学両立を実現できます。英語の学習においても、中学では帰国生の取り出しクラスがあり、中学3年生からは生徒のレベルに合わせた3つのコースがあります。

高校では帰国生の取り出し授業はなく全ての授業が一般生と一緒。帰国生の学習面のサポートもしっかりしており、部活でも生徒たちが切磋琢磨しています。

目白研心中学校高等学校
TEL:03 5996 3133
住所:〒161‐8522
東京都新宿区中落合4-31‐1
mail:jhkoho@mejiro.ac.jp
HP:https://mk.mejiro.ac.jp/

創立:1923年
各学年の帰国生の数:
中学8名、高校23名
帰国生受け入れ年数:
30年以上
1クラスの平均人数:30名

特色
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

啓明学園中学校高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2020年に創立80周年を迎えた本校。キリスト教の教えに基づき、グローバル教育に力を入れています。帰国生比率は30%で、世界40カ国から生徒を受け入れています。

英語のレベルアップはもちろんのこと、英語以外の外国語保持クラス(中国語、コリア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語)もあります。また、生徒一人ひとりにあった時間割をオーダーメイドで作成できるのも本校の魅力の1つです。

啓明学園中学校高等学校
TEL:042 541 1003
住所:〒196‐0002
東京都昭島市拝島町5‐11‐15
mail:kokusai_info@keimei.ac.jp
HP:https://www.keimei.ac.jp/jsh/

創立:1940年
各学年の帰国生の数:
中学62名、高校118名
帰国生受け入れ年数:82年
1クラスの平均人数:30名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

芝浦工業大学附属中学高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

中学、高校、大学一貫教育でグローバルに活躍する理工系人材を育成する本校。STEAM教育(科学、技術、工学、芸術、数学)を総合的に学べます。さらに理工系大学付属の強みを活かして、高度な「技術」や「工学」に関する授業を展開。

生徒に人気のある「ロボット入門講座」や「工業わくわく講座」は、理科室と技術室、パソコン室など最新の理工系教室で大いに学ぶことができます。

芝浦工業大学附属中学高等学校
TEL:03 3520 8501
住所:〒135-8139
   東京江東区豊洲6‐2‐7
mail:info@fzk.shibaura-it.ac.jp
HP:www.ijh.shibaura-it.ac.jp

創立:1922年
各学年の帰国生の数:
中学18名、高校11名
1クラスの平均人数:
中学40名、高校30名

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

国際基督教大学(ICU) 高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

世界59カ国から生徒が集まるICUは、帰国が生徒全体の3分の2を占めています。
帰国生の受け入れを目的とした本校は、生徒一人ひとりが互いを尊重・尊敬し合い、各自のよさを伸ばせる環境をつくっています。

帰国生入試の中心は、書類審査と面接です。中学3年間の取り組みと経験に応じて選考しています。またICU高校では、保護者が海外や他都道府県など遠方にお住まいの方の為に寮も併設しています。

国際基督教大学(ICU) 高等学校
TEL:0422 33 3401(代表)
   0422 33 3407
(帰国生徒教育センター)
住所:〒184‐8503
東京都小金井市東町1‐1‐1
mail:icuhs-rs@icu.ac.jp
HP:https://icu-h.ed.jp/

創立:1978 年
各学年の帰国生の数:
高校528名
帰国生受け入れ年数:44年
1クラスの平均人数:42名

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・寮
・留学プログラム
・海外研修

東京成徳大学中学・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

創立100周年を迎えようとしている本校。変化の多い世界に対応していける生徒を育成するために、多彩なプログラムを活かし、生徒一人ひとりにさまざまな方向からアプローチしています。

特に学力、人間性、心身、創造性、グローバルマインド、対応力の育成に力を入れています。また、ICTや留学プログラムも評判があり、1人1台iPadが支給され生徒の「創造的な学び」をサポート。

また「自己決定を尊重」した留学プログラムで、生徒自らの決断力を尊重し、主体性を高めています。

東京成徳大学中学・高等学校
TEL:03 3911 7109
住所:〒114-8526
   東京都北区豊島8‐26‐9
mail:info@js.tokyouseitoku.jp
HP:https://www.tokyoseitoku.jp/js/index.html

創立:1926年
帰国生受け入れ年数:13年目
1クラスの平均人数:30名前後

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・留学プログラム
・海外研修

東京【女子校】

大妻中野中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2015〜2019年に文部科学省よりスーパーグローバル ハイスクール アソシエイト校(SGHA)に指定され、グローバル教育に力を入れてきた本校。現在、在籍生徒の10%を超える生徒が海外帰国生で、留学する生徒は40名前後(コロナ禍前)です。

企業や大学の協力を得た、多種多様な講演会・ワークショップ、充実した海外プログラムなど生徒の興味関心を引き出すコンテンツやチャンスに溢れています。

大妻中野中学校・高等学校
TEL:03 3389 7211
住所:〒164-0002
東京都中野区上高田2‐3‐7
mail:koho@otsumanakano.ac.jp
HP:https://www.otsumanakano.ac.jp/

創立:1941年
各学年の帰国生の数:
中学68名、高校85名
帰国生受け入れ年数:21年
1クラスの平均人数:35~40名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

富士見丘中学高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

海外で学んだ英語力保持、ICTスキル向上に力点をおいている本校。スーパー グローバル ハイスクール(SGH)に5年間、ワールド ワイド ラーニング コンソーシアム(WWL)拠点校に3年間指定されています。

いずれも文部科学省により、21世紀を担うグローバル教育が評価され、優れた学校として認められたものです。帰国生に対しても手厚い指導やサポートが好評。女子高ならではの仲間作りや、興味探究が今後の進路につながります。

富士見丘中学高等学校
TEL:03 3376 1481
住所:〒151‐0073
東京都渋谷区笹塚3‐19‐9
mail:kikoku@fujimigaoka.ac.jp
HP:https://www.fujimigaoka.ac.jp/

創立:1940年
各学年の帰国生の数:
中学32名、高校59名
帰国生受け入れ年数:15年
1クラスの平均人数:20~35名

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

女子聖学院中学校高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

日本語でも英語でも、自分の思いを言葉で表わせる人を育てる教育をしている本校。実践的で「使える英語」を育むため、各国のネイティブの先生方と交流しながら生徒たちは成長しています。

また、創立者である女性宣教師のバーサー・F・クローソン先生が教えてくれた「ちがいを超えて互いを愛する」ことをモットーに、生徒たちは互いに認め合う雰囲気の中、日々学びに励んでいます。ネイティブの先生の数も多く、日常的に英語を話せる環境です。

女子聖学院中学校高等学校
TEL:03 3917 2277
住所:〒114-8574
   東京都北区中里3‐12‐2
mail:koho@joshiseigakuin.ed.jp
HP:https://www.joshiseigakuin.ed.jp

創立:1905年
各学年の帰国生の数:
各学年数名
帰国生受け入れ年数:16年
1クラスの平均人数:30数名

特色
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

昭和女子大学附属昭和中学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

実践的に学べる、グローバルキャンパスが魅力の本校。隣りにはイギリスのインターナショナルスクールがあり、同じ敷地にはアメリカ州立テンプル大学があります。そのため実践的な交流プログラムが充実しています。

また、本校は大学付属中学校なので、3〜4割の生徒が昭和女子大学へ進学しています。多彩な進路選択があり、海外大学とのダブルディグリーや、校内特別協定による推薦制度など、生徒一人ひとりにあった進路を選択できるようになっています。

昭和女子大学附属昭和中学校
TEL:03 3411 5115
住所:〒154‐8533
東京都世田谷区太子堂1‐7‐57
mail:jhs-info@swu.ac.jp
HP:https://jhs.swu.ac.jp

創立:1920年
各学年の帰国生の数:
中学35名(2022年2月時点)
帰国生受け入れ年数:4年
1クラスの平均人数:36名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

実践女子学園中学校高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

渋谷駅から徒歩10分のアクセスの良さと、緑豊かで閑静な文教地区にある本校。創立当初より、帰国生を受け入れてきた実績があり、英語力を高めるプログラムが豊富なのが特徴。海外研修や複数の国との交換留学など、広い世界に目を向ける学校であります。

また、生徒の英語レベルにあった(上級・中級・一般)小人数授業を展開、礼法や日本文化も大切にした授業もあり、生徒の「心」を育んでいます。

実践女子学園中学校高等学校
TEL:03 3409 1771
住所:〒150‐0011
   東京都渋谷区東1-1-11
mail:hs-kouhou@jissen.ac.jp
HP:https://hs.jissen.ac.jp

創立:1899年
各学年の帰国生の数:
中学27名、高校42名
帰国生受け入れ年数:15年
1クラスの平均人数:
30名~40名弱

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

鷗友学園女子中学高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

鷗友学園6年間の学びが多様な進路につながっています。グローバルに活躍する女性を養うことを目的としたカリキュラムでは、授業や生徒会活動、委員会活動などを通して、互いの価値観の違いを認め合い、協調し合うことを重視しています。

また、海外研修や交流会など多種多様な国際理解プログラムもあります。帰国子女入試は個別の事情に配慮した加点制度もあるので、入試情報をチェックしてみてください。

鷗友学園女子中学高等学校
TEL:03 3420 0136
住所:〒156‐8551
東京都世田谷区宮坂一丁目5番30号
mail:info@ohyu.ed.jp
HP:https://www.ohyu.jp/

創立:1935年
各学年の帰国生の数:
中学67名
帰国生受け入れ年数:30年
1クラスの平均人数:40名
(中1のみ30名)

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・海外研修

山脇学園中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

帰国生が5つのグレードで英語を伸ばすことができるのが魅力の本校。

帰国生は英語既習者として5つのグレードに分けられます。GIは英語初級者、GIIは英検三級、GⅢは英検準2級、GIVは英検2級、GVは英検準1級を対象に授業をスタートしていきます。またサイエンスアイランドやイングリッシュアイランドと呼ばれるエリアがあり、生徒が学習しやすい環境が整っています。

イングリッシュアイランドでは、ワンフロア全体でイギリスの街並みを再現。ネイティブの先生が7名常駐しており、お昼休みや放課後など自由に利用できます。

山脇学園中学校・高等学校
TEL:03 3585 3911
住所:〒107‐8371
   東京都港区赤坂4-10‐36
mail:info@yamawaki.ed.jp
HP:https://www.yamawaki.ed.jp/

創立:1903年
各学年の帰国生の数:
中学71名、高校35名
帰国生受け入れ年数:約20年
1クラスの平均人数:35名
(中1年次)

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

大妻多摩中学高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2020年度入学生から「国際得進学クラス」を設置し、すでに持っている英語力をさらに伸ばす授業を展開している本校。小規模校ならではのアットホームな雰囲気の中、生徒一人ひとりを大切にした教育を行っています。

帰国生のサポートも充実しています。放課後は、ネイティブ教員による英会話や英検の対策などを行う「英語JUKU」や高い英会話スキルを養う「English Lounge」も人気があります。

大妻多摩中学高等学校
TEL:042 372 9113
住所:〒206‐8540
東京都多摩市唐木田2‐7-1
mail:nyushi_kouhou_contact@otsuma-tama.ed.jp
HP:https://www.otsuma-tama.ed.jp/

創立:1988年
各学年の帰国生の数:
中学42名
帰国生受け入れ年数:7年
1クラスの平均人数:38 名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

江戸川女子中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

創立90周年を迎えた本校は、100周年に向けてさまざまな改革を実施。授業カリキュラムを65分授業から45分授業×2コマ、ハイブリッド型の授業に変更。それにより、授業の集中力アップと基礎の定着、応用・実践を行う授業になりました。

また新しい制服の導入や、新校舎も完成し生徒たちの学校生活をより豊かなものとしています。本校は進学校では珍しく、35の部活動がある点も魅力です。

江戸川女子中学校・高等学校
TEL:03 3659 1241
住所:〒133‐8552
東京都江戸川区東小岩5‐22‐1
mail:tmizushima@ediojo.jp
HP:https://www.edojo.jp/

創立:1986年
各学年の帰国生の数:
中学29名
高校37名
(2021年度)
帰国生受け入れ年数:28年
1クラスの平均人数:
30名~40名程度

特色
・帰国生グローバルクラス
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

東京女学館 中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

内閣総理大臣伊藤博文や岩崎弥之助、渋沢栄一らにより開学され創立134年を迎えた本校。「高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成」を教育目標に、高い英語運用能力と世界で活躍するリーダーシップを育てます。

魅力の1つに多彩な国際交流プログラムがあります。国内英語研修プログラム、海外研修プログラムや姉妹校との交流も(8カ国)。コロナ禍ですが、オンラインを活用し交流を実施しています。

東京女学館 中学校・高等学校
TEL:03 3400 0867
住所:〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-7‐16
mail:tjkkoho@tjk.jp
HP:https://tjk.jp/mh/

創立:1888年
各学年の帰国生の数:
中学53名
帰国生受け入れ年数:19年
1クラスの平均人数:
国際学級定員40名

特色
・帰国生グローバルクラス
・ネイティブ教師
・留学プログラム
・海外研修

京華女子中学・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2024年に女子高の新校舎が完成予定。それと同時に、京華中学・高等学校(男子校)と京華商業高等学校(共学校)本校、3校でワンキャンパス化します。1つのキャンパスに女子高・男子校・共学校があるという日本でも珍しいスタイルです。

もちろん女子教育は変わらず、他校との関わりを通して生徒の意欲や能力が高められることを期待しています。帰国生には、英語と数学のフォローアップ(放課後補習)があることや、週に1度希望者に「日本語講座」を設けています。

京華女子中学・高等学校
TEL:03 3946 4434
住所:〒112‐8613
   東京都文京区白山5‐13‐5
mail:3okd202@kg.keika.ed.jp
HP:https://www.keika-g.ed.jp

創立:1909年
各学年の帰国生の数:中学0名、高校2名
帰国生受け入れ年数:約10年
1クラスの平均人数:中学約20名、高校約30名

特色
・ネイティブ教師
・留学プログラム
・海外研修

東京【男子校】

東京都市大学付属中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

世田谷にある中高一貫の男子校である本校。難関大学合格を目標に毎年進学実績を伸ばしています。 学校の魅力として、中学で毎週1時間、3年間で60テーマに取り組む「科学実験」で生徒の学問への興味関心を育てます。また、高1では中間修了論文とプレゼンテーションがあり日本語表現力を磨いていきます。ネイティブ教員による英語の授業も充実し、世界各国からの帰国生も多く在籍しています。

東京都市大学付属中学校・高等学校
TEL:03 3415 0104
住所:〒157-8560
   東京都世田谷区成城1‐13‐1
mail:info@tcu-jsh.ed.jp
HP:https://www.tcu-jsh.ed.jp/

創立:1956年
各学年の帰国生の数:中学137名、高校117名
帰国生受け入れ年数:9年
1クラスの平均人数:39名

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

佼成学園中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2021年から都内男子校で唯一のグローバルコースが誕生しました。帰国生と海外に関心の高い生徒が学びの場を共有し、必修の海外研修と国内の高度な英語教育を実践しています。国際化、情報社会に対応するために、生徒一人ひとりにiPad一台を提供し、ICT教育に力を入れています。中学の英語クラスでは習熟度授業と英語の取り出し授業があります。その約7割がネイティブの先生が担当するのも魅力の1つです。

佼成学園中学校・高等学校
TEL:03 3381 7227
住所:〒166-0012
東京都杉並区和田2-6-29
mail:k-toiawase@kosei.ac.jp
HP:https://www.kosei.ac.jp/boys/

創立:1954年
各学年の帰国生の数:中学32名、高校29名
帰国生受け入れ年数:7年
1クラスの平均人数:30名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

聖学院中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

キリスト教教育に基づいて、人間教育を実践する男子校。ゆっくり、じっくり自ら積極的に学ぶように授業展開をしています。また、2021年からは「情報プログラミング」がスタートしました。ドローンを飛ばしたり、3Dプリンターでの物づくりに挑戦します。帰国生向けのネイティブ教員による、オールイングリッシュ授業や、帰国生一人ひとりに合わせて、面談や学習サポート、検定対策などもあります。

聖学院中学校・高等学校
TEL:03 3917 1121
住所:〒114-8504
  東京都北区中里3‐12-1
mail:info@seig-boys.org
HP:https://www.seigakuin.ed.jp/

創立:1906年
各学年の帰国生の数:中学約10名、高校約10名
帰国生受け入れ年数:21年
1クラスの平均人数:35名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

立教池袋中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

本校は、キリスト教に基づき「テーマを持って真理を探究する力を育てる」、「共に生きる力を育てる」と定めて教育しています。本校の帰国児童入試は30年以上の歴史があります。実践力を養う、充実した英語教育は週に7時間あり英語力の保持に役立っています。またICTも推進し、情報社会でもグローバルに活躍できる人材を育んでいます。

立教池袋中学校・高等学校
TEL:03 3985 2707
住所:〒171‐0021
東京都豊島区西池袋5‐16‐5
mail:ikekoho@rikkyo.ac.jp
HP:https://ikebukuro.rikkyo.ac.jp/

特色
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・海外研修

足立学園中学校・高等学校

出典:足立学園 公式HP

「質実剛健・有為敢闘」を建学の理念としている本校。学校生活や活動を通して、4J(自尊心・自信・自負心・自己肯定感)を高め、世のため人のためになる志を育てています。また、本校には進路指導のプログラムが16種類もあり、生徒それぞれにあったものを提供しているのも魅力の1つです。学校へのアクセスも便利で、北千住駅東口から徒歩1分の立地の良さを誇る男子校です。

足立学園中学校・高等学校
TEL:03 3888 5331
住所:〒120-0026
東京都足立区千住旭町40-24
mail:nyuushi@adachigakuen-jh.ed.jp
HP:www.adachigakuen-jh.ed.jp

創立:1929年
各学年の帰国生の数:高校3名
1クラスの平均人数:35名

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

埼玉【男子校】

立教新座中学校・高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

国際的な視野を養う「グローバル教育」と世界に貢献する力を育てる「リーダーシップ教育」を通じて、世界の人と共に生きるグローバルリーダーを育成しています。ICT授業にも力を入れており、プログラミング入門やメディア・リテラシーなどの授業もあります。また、中学の帰国児童入試科目では、国語・算数・面接があり、英語の能力ではなく、海外での経験や困難を克服した努力などを評価するのも、本校の特徴の1つです。

立教新座中学校・高等学校
TEL:048 471 2323
住所:〒352-8523
埼玉県新座市北野1‐2‐25
mail:rikkyouhs@rikkyo.ac.jp
HP:https://niiza.rikkyo.ac.jp/

特色
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

茨城【共学】

土浦日本大学高等学校

出典:SingaLife 教育特集2022春

2005年にグローバル スタディーコースを設立。帰国生の積極的な受け入れを行っている本校には、全体で100人近い帰国生が在籍しています。また、本校には寮があるため多くの帰国生が寮生活を送っています。これまで培ってきた、豊富な帰国生受け入れ経験を活かして、学習面や学校生活の面でもサポートしています。一人ひとりに合わせた豊富なカリキュラムと教育内容で、理系・文系・医科薬獣医と幅広い分野に進学しています。

土浦日本大学高等学校
TEL:029 823 4439
住所:〒300-0826
茨城県土浦市小松ヶ丘4-46
mail:kouhou@tng.ac.jp
HP:https://www.tng.ac.jp/tsuchiura

創立:1963年
各学年の帰国生の数:高校86名
帰国生受け入れ年数:18年
1クラスの平均人数:35名

特色
・帰国生グローバルクラス
・プログラミング教育
・ネイティブ教師
・寮
・英語取り出しクラス
・留学プログラム
・海外研修

自分の性格や今後の進路にあった学校選びを

今回は、帰国生を受け入れている東京エリア、埼玉と茨城の学校をご紹介しました。
学校と一口に言っても、共学・女子高・男子校、またその教育理念や授業内容はさまざまでしたね。
学校選びのポイントは、その学校の理念や授業スタイルが、自分の性格にあうかどうかが重要になります。次にその学校でのやりたいこと、進路のビジョンが描けるかも重要ですね。
気になる学校があればぜひ問い合わせてみてください。

●記事内容は執筆時点の情報に基づきます。

【関連記事】
コロナ禍における帰国子女の学校探し!ポイントを一挙公開
【2022年度】エリア別【神奈川】帰国子女受け入れ校一覧

お役立ちコラムの一覧へ